難関校志望者

個別指導塾というと、集団の授業についていけない生徒が通うイメージがあるかもしれません。しかし難関校志望者でも、集団指導の塾ではなく個別指導の塾に通いたい場合もあると思います。そこで、難関校志望者が個別指導塾を選ぶ際のポイントについて説明します。

受験に関する情報が得られること

塾を決める前に、講師を選ぶことが出来るかを確認してください。選ぶことが出来るのであればあなたの志望校出身の講師をお願いしましょう。あなたの志望校が進学校ならその学校出身の講師が一人や二人必ずいます…

受験生向けの模試が充実していること

受験生になると個別指導塾に通って対策をしてもらおうと考える人も多くなります。特に難関校志望者の場合には合格のためのノウハウやクセのある問題への対応の仕方などを教わりたいと考えて塾に通い始める場合が…

レベルの高い講師がいること

従来の塾は、学校と同様に、講師1人が複数の生徒に対して講義を行うマスプロ形式が主流でした。しかし、講師1人が生徒1人を学習指導する個別指導塾がマスプロ形式の塾より増えています。生徒はいつでも質問で…

苦手分野克服

学校の授業についていけなかったり、テストで思うような成績が取れなかったりして、苦手分野の克服をしたい場合に個別指導塾を選ぶことがあるでしょう。ここでは、苦手分野克服を主な目的に個別指導塾に通う場合に重要な、塾の選び方のポイントを説明します。

1対1の指導形式であること

1人の講師が複数学習者を教える対面型授業は学校の授業形態と同じですし、なじみの深い形式です。そういう形式があるのに、敢えてお金もかかる1対1の指導形式を選ぶことのメリットはどこにあるのでしょうか。…

学習に関する相談環境が整っていること

個別指導塾に通っているときに学習について悩みが出てきてしまうこともあります。苦手分野があって克服したいというのが典型的なもので、何を悩んでいるのかをしっかりと相談したいと思うこともあるでしょう。こ…

自分のレベルにあった教材が用意されていること

個別指導塾に通って苦手分野の克服を目標としたい場合には、自分の学力のレベルに合った教材を使用できるところに入会をすることが重要です。特に、長年にわたる教材作成のノウハウがある個別指導塾の中には、一…